ボッコ ちゃん。 Home Page

ボッコちゃん / 星新一

それは、昭和46年(1971年)に文庫初版が刊行されて、今だ増刷を続け、毎年夏の「の100冊」にもラインナップされているところを見ても間違いないところだ。 の作品が、未来を鋭く予見していたという解説、評論は数多くある。 どの作品も最後の数行に「そうきたか!」というオチが待っている。 978-4-87031-882-3。 50もあるのでいくつかはテーマや世界観が重複するが、作品の並びにも気が使われているからか、飽きない。

Next

星新一「ボッコちゃん」

登場人物もエヌ氏だったり、エス氏だったりと適当な名前が多く、あえてキャラ立ちさせないことにより、狡さや残酷さ、滑稽さというものが人類共通のものであることを描き出しているのかなと感じました。 例えば ・ある日地面に空いた底なし?の穴に、都合の悪いもの 原発のゴミ、公官庁の機密書類、浮浪者の死体、犯罪の証拠物件など を何でも捨ててしまい、地球がきれいになったと喜んでいたのもつかの間、最初に投げ込んだ石ころが空から落ちてきた。 『星新一作品100』〈世界SF全集 第28巻〉、1969年7月20日。 もっとも、少しつんとしていた。 青年が毒薬を混ぜた酒をボッコちゃんに飲ませたまま店を去り、ボッコちゃんから回収した酒を客とマスターが飲んだ結果、全員が毒で死亡。 白い手袋でもはめようかな。

Next

Home Page

Q4: ショートショートならではのテンポ感。 だから、誰も人口減少問題を真剣に考えず、ついには最後の地球人が残されるのである。 つまりは、そういう本ということです。 「ボッコちゃん」は、集の中でも最高傑作といって過言ではない1冊だと思う。 (2020年06月27日 11時21分現在) 通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。 ボッコちゃん:信頼できないBガールの物語 ボッコちゃんは、星新一が最初に出版した作品の1つで、SFの執筆の巨匠としての地位を固めています。 アイデアの面白さで読み手を魅了するから、地域・社会環境・時代に左右されず読まれるわけですね。

Next

ショートショートの神様が紡ぎだす50の世界。どこを読んでも、いつ読んでも面白い不変の名作-星新一「ボッコちゃん」

ミステリー的なものもあり、SF的なものもある。 にはで放送された『』にてCGアニメ化されている。 にはで放送された『』にてCGアニメ化されている。 最近では、人気の高い漫画やアニメなどで、「伏線がすごい」というような評価を耳にするようなこともありますよね。 星新一が生涯で発表したショートショートは 1000編以上にも及んでいます。 『ボッコちゃん』 『マネー・エイジ』 『ゆきとどいた生活』 『肩の上の秘書』 『おーい ででこーい』 上記「ボッコちゃん」のショートショートの中でも、よく我が娘と話題に上るタイトル名。

Next

www.whoateallthebratwurst.com:カスタマーレビュー: ボッコちゃん (新潮文庫)

だが、つんとしていることは美人の条件なのだった。 アイデアやセンスが「優れた作品」であればほかのものを挙げますが。 「殺し屋ですのよ」• にはやにも翻訳紹介されている。 星新一『ボッコちゃん・ようこそ地球さん』新潮社〈星新一の作品集 1〉、1974年。 「ボッコちゃん」を手に取る時は、細心の注意を払ってページをめくり。

Next

星新一「ボッコちゃん」

そう、まるでドラえもんの未来の道具が欲しくなるみたいに。 作風 国内で短編小説、それもさらに短いショートショート作家といえば、星新一。 妖精ともども夜逃げした青年がその後出会うのは、お金に縁の無い女性たちでした。 星新一『ほしのはじまり 決定版星新一ショートショート』編、角川書店、2007年11月。 星新一『ボッコちゃん・おーいでてこーい』新潮社〈新潮ピコ文庫〉、1996年3月。 『鏡』 ある夫婦が合わせ鏡で悪魔を呼び出すことに成功した。 舞台劇風であったりアニメであったりと、作品ごとにさまざまな表現手法がとられており、制作者の演出の妙が魅力となっています。

Next

星新一の傑作ショートショート集『ボッコちゃん』

けだし、星新一は最初からショートショートの神様だったのである。 ただしこの人形は、本来「木のぼりウィンキー」の名で売り出されており(4月)、ダッコちゃんという名はブーム到来後に生まれた愛称であることが明らかになっている。 『ボッコちゃん』は表題となっている作品をはじめ「おーい でてこい」や「鏡」「不眠症」など、50編の短編小説が綴じられています。 その会合の狙いとは、会員たちによる小さな行動を積み重ねることによって大きな悲劇に発展させるというもの。 「騙して悪いが、仕事なんでな」という星新一の高笑いが聞こえてきそうですね。

Next

ショートショートの神様が紡ぎだす50の世界。どこを読んでも、いつ読んでも面白い不変の名作-星新一「ボッコちゃん」

ボッコちゃんに毒を飲ませた青年と、回収した酒を皆に振る舞ったマスター、業の深い人間それぞれの行動が招いた悲劇と、感情をもたないロボットとの残酷なコントラストに戦慄させられます。 星新一『』新潮社〈新潮文庫 ほ-4-1〉、1971年5月27日。 1971年5月に出た星新一の『ボッコちゃん』である。 解答:C. いったい彼女はどうやって殺したのか。 「」と「最後の地球人」は、作品の主題となっているテーマは同じものだと思う。 そう考えてみると、の作品を定期的に読み返してみるのも良いことなのではないかという気がしているのである。 スマートなユーモア、ユニークな着想、シャープな諷刺にあふれ、光り輝く小宇宙群! この間の経緯について、星がとの対談で語ったところによると、ダッコちゃんというネーミングはそもそもボッコちゃんから盗んだものに違いないという。

Next