ブルゴーニュ 白ワイン。 【楽天市場】人気の銘醸ワインが勢揃い!ブルゴーニュ特集

ブルゴーニュワインのヴィンテージチャート

また、ブルゴーニュ地方では、中世から赤ワインは「ピノ・ノワール」、白ワインは「シャルドネ」というブドウ品種を使ってワインを造るようになりました。 Johnson Vintage: The Story of Wine pg 131 Simon and Schuster 1989• ペズロール(1級) 赤• 8haの畑で栽培されたぶどうからつくられる。 正確には、 ブドウ畑を所有し、ブドウの栽培からワインの醸造、瓶詰まで一貫して行っている生産者のことをいいます。 反対に、地域名クラスでも、有名な村でなくても秀逸なワインはたくさんある。 57ヘクタール 8. バースデーワインなど生まれ年のワインが気になるところですが、ワインのできばえが良い年ならラッキーです。 また、オーク樽によって慎重にほんのりと樽香をつける造り手、シャブリらしいクリーンな味わいやキレのある酸を生かすために、ステンレスタンクを使って樽香を避ける造り手に分かれているのが現状です。

Next

ブルゴーニュワインの特徴とは ~ おすすめワイン、ぶどう品種、当たり年ヴィンテージなど、基本の基礎知識 ~

グレーヴ(特級) 赤• ブルゴーニュの白ワインの特徴 品種はシャルドネが基本 ブルゴーニュの白ワインは基本的にシャルドネの単一品種です。 クロ・サン・ジャン(1級) 赤・白• 白ワインだけでなく赤ワインもコルトンなど有名産地もありますが、コート・ド・ニュイよりは軽めものも多く、より手軽に楽しめます。 Musigny(特級) 赤・白(きわめて少量)(9. 9エーカー 参考文献 [ ]• 4つの格付けカテゴリーが存在し、高名で歴史的な畑はグラン・クリュと区分されラベルに畑名が大きく表示される。 : 村で作られる赤・白と コート・ドール地区 [ ] 注釈無しは村名、その後にその村に属する有名な一部の畑を記載(面積は実際の作付面積) [ ]• 香りはイチゴのようなフルーティーさがあります。 霜の害があったものの、 冷涼な夏が来たことでブドウが健康的な状態で生育していきました。

Next

ワインの王様「ブルゴーニュワイン」の魅力とは?その特長とオススメ9選

19世紀にフィロキセラの災害やブドウの病気、世界的な不景気によってブルゴーニュ北部の生産者は早々とブドウ以外の現金収入のある作物栽培に切り替えたのです。 ドメーヌとネゴシアンとは? ブルゴーニュワインの出自は、「ドメーヌ」と「ネゴシアン」の二つに分かれます。 おすすめのブルゴーニュワインの購入はこちら ご紹介ブランドの購入はこちらから(外部サイトにリンクします). ご注文は24時間承っておりますが、休業日はメールの返信、お問い合わせのお返事、発送業務をお休みとさせて頂きます。 時には農家のワインを樽ごと購入して、ブレンドした上で熟成させ、自社製品を造ることもあります。 ミネラルや花の香りが感じられるもの、すっきりしたものからパワフルなものまで、その味わいは豊かです。 家飲みだけでなく、レストランやワインバーでもいろいろ飲み比べてくださいね。

Next

ブルゴーニュワインの特徴とおすすめワイン20選!当たり年は90年以降?

和食にクリーミーさを加えてアレンジするのも良いでしょう。 また、収穫する前には気温が記録的に低くなったため、 みずみずしい酸味とほどよい甘味を持つブドウが作られました。 それが、ブルゴーニュワインならではの奥深さです。 なおブルゴーニュ地域圏では上記8地区の他に南西端の村で作られる白ワインのが有名であるが、この地域はブルゴーニュではなくに分類される。 ブルゴーニュとボルドーで、もうひとつ大きな違いが格付け。

Next

ブルゴーニュワインのおすすめ人気ランキング20選【2019年最新版】

この 土壌の違いと、日照や気温の差が、土地ごとの個性を生み出しているというわけなんです。 ブルゴーニュワインの格付け 4. 世界のワインファン垂涎の地としてあがめられているのですが、これはそれだけの歴史と品質が伴っているからであって、異論を唱える人は少ないでしょう。 2014年のフランス ワインは2012年、2013年よりも収量は多くなりました。 このクロパラントゥに代表されるエマニュエル・ルジェのワインの難点はなんといってもその入手の難しさ。 ご注意ください。 1994の村名クラスは今飲み頃です。 メールでのお問合せについて お客様からのメールへのお返事は、必ず2営業日以内に返信させていただいております。

Next

ブルゴーニュ/Bourgogne のぶどう品種とその色

それぞれの畑には土地の個性があるので、そこに植わるシャルドネも、そのシャルドネから出来上がるワインも、微妙にニュアンスが変わってきます。 日常的に楽しむ気軽なワインを生産してきましたが、近年では品質の変化が見られています。 2015年:パーフェクトな出来栄えのブドウが収穫できた年。 そのワケは2つあり、ブルゴーニュ地方のワイン造りの歴史と、ワイン造りに適したブルゴーニュならではの気候と土壌が関係しています。 赤・白• パーカー氏がご高齢で現役を引退したこともあり、以前よりは騒がれなくなりました。

Next

ブルゴーニュワインのおすすめ人気ランキング20選【2019年最新版】

5エーカー シャルム・シャンベルタン コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン 赤 28. 果実味が豊かで、は少なく、早飲みタイプのワインに適している。 グラヴィエール(1級) 赤・白• ・アリゴテ種 際立った酸味と果実味が特長的な白ブドウ。 赤・白• シャルム・シャンベルタン Charmes-Chambertin(特級) 赤 (31ha)• ビオディナミはスピリチュアルな考え方を一部採用しているので最終的には科学で解明できない理論も多く、そのため理論展開に異論を唱える専門家も多いです。 ムルソーワインは、木樽を使った伝統的熟成方法で、傑出した白ワインのアロマを造り出しています。 そして、ムルソーの最も高品質な区画には、「シャルム」「グットドール」があり、「シャルム」は訳すと「魅力」という意味、「グットドール」は「金の雫」という意味になります。 ブルゴーニュといえば、ボルドーと並び称される、フランスを代表するワインの名産地。

Next