怖い 話 長編。 長編怖い話 カン、カン

【厳選】怖い話【長編】

紐をしめ、私はふらふらと立ち上がる。 Sは、どうしてあれがKじゃないって分かったん?」 「あれってどれだ」 「僕らの目の前で飛んだ。 その小さな箱・コトリバコは、過去のおぞましい悪習によって作られたものだった。 臨場感のある文章なので、非常階段を降りている光景がありありと目に浮かびました。 52位 で 53位 木の杭 「俺」は、先祖に降りかかった災いの話を聞かされる。 時折、顔をあげて私を伺うようにして見て来たが、 それは恐ろしいものでも見るような酷い目つきだった。 鍵が無かったので、やむなくドアを閉めただけだったんです から・・・。

Next

【厳選】怖い話【長編】

24位 10の14乗 バイク好きの仲間達が、ある心霊スポットに行き不思議な体験をした。 非日常感が上手く表現されていると思います。 吐き出そうにも吐き出せず私は口内の異物を一気に飲み込んだ。 誰そ彼というわけである。 扉を開くと地下に通じた空間があり、彼は梯子を使って降りていったのだが…。 「いて、何。 これはきっとあの二人の少女のものだろう。

Next

長編

愛犬と共にキャンプをしていた青年が、禍々しい存在に目を付けられてしまう。 死んだのか、死んでいるのか。 衣類は一切見につけておらず、まるで骨と皮だけのような身体は拒食症患者のように見えた。 しかしまあSよ。 48位 糸 森の中に遊びに来た小学生達。

Next

【厳選】怖い話【長編】

「うるせぇなぁ。 魔がつい……ねえ。 私は安堵の声を漏らした。 浮かんでもこない」 僕は、何も返せない。 ダメだよ。 でも、もし居たら?私は玄関までしか入っていないので、ちゃんと中を見ていない。 しかし、不思議と怖いとは思わなかった。

Next

【厳選】怖い話【長編】

身体が動かなくなった。 「はあ? ……うそっ!? マジかよ俺死んだの!? やっべ、すっげー見たかったのにその場面!」 Kだ。 いつもならクダラナイ話で何時間も盛り上がって いたのだが、その時は少し酒を飲み過ぎた為、俺も友人も 11時過ぎには寝入ってしまっていた。 。 伝わりにくかったらごめんなさい 位置的にも、平均的な身長なら大体その辺に頭がくるだろう というような位置で棒の高さが調節してあり、 まるで「女が鏡台の前で座ってる」のを再現したみたいな光景。 精神病と診断された人々でさえ、私が来ると怖がって遠ざかっていった。

Next

長編

そこは六畳程の小さな和室で、ロッカーと鏡くらいしか物がない殺風景な場所だった。 「首吊りだってよ。 「やべ……、俺ちょっくらトイレ行ってくるわ」 十分くらいたったとき、Kがそう言って立ち上がり、車を停めた休憩所に向かって歩いていった。 歩いてくるKの様子に、僕は、おや、と思う。 背筋がぞわぞわする。

Next

【厳選】怖い話【長編】

「なんで・・・お母さ・・・」 「え?なんでって何が・・・ちょっと、大丈夫?本当にどうしたの?」 お母さんが、今、こうやって電話に出れるはずはない。 A君自身はこの町は初めてなので、パンドラの話も全く知らなかったようです。 好奇心に駆られた一人の少年が、その中を降りていくと…。 おかしいな、と思って太陽の位置を見ていたら、太陽はおろか雲ひとつ動いてはいなかった。 姉は私の視線には少しも気付かず、その女に見入っていました。 大ごとだぞ、これは」 私はなんだか事態が把握できず、この坂崎という人に案内されるがまま応接室に通された。 そう思い、私は家に電話を掛けてみることにしたのです。

Next

怖い話<実話・怪談・短編・長編・不思議・猫他>|人から聞いた怖い話

そして、それは私も同じだ。 人気の怖い話• 意味わかんないよね」 A君にパンドラの説明をしながら、みんな親への文句を言い始めます。 他のベッドにも同じようにプレートが掛かっていたので、 気になった私は他のプレートも確認した。 場所自体は子供だけでも難なく行けるし、人目もありません。 私はお面というものを初めてつけてみたけれど、これはかなり視野が狭い。 でも改めて思い出そうとしても頭がモヤモヤしていました。 昼間ということもあり明るかったですが、 玄関が無いせいか廊下のあたりは薄暗く見えました。

Next