命に嫌われている歌詞。 命に嫌われている。

【命に嫌われている。】中、日、羅歌詞 + 翻唱版本

深い孤独は「寂しい」なんて陳腐な言葉ではもはや片づけられない。 inochi ni kirawarete iru. ---------------- 生きる意味なんて見出せず、無駄を自覚して息をする。 軽々しく死にたいだとか 軽々しく命を見てる僕らは命に嫌われている。 僕 ぼくらは 命 いのちに 嫌 きらわれている。 少年が青年になるにつれ色々なことに疑問を抱くようになります。 幸福 こうふくも 別 わかれも 愛情 あいじょうも 友情 ゆうじょうも 滑稽 こっけいな 夢 ゆめの 戯 たわむれで 全部 ぜんぶカネで 買 かえる 代物 しろもの。 そんな醜い世界なのに 「平和に生きよう」 と、綺麗ごとが転がる 矛盾めいた世の中を なんて素敵なことでしょう。

Next

命に嫌われている。 歌詞「初音ミク」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

『命に嫌われている』のテーマ 「命」、「生きること」をテーマにしている楽曲ですが、歌詞中には世間一般にあふれている応援歌のような、「大丈夫」とか、「がんばる」とか、生やさしい言葉は入っていません。 SNSなどが普及した現代では、顔を見ることなくやみくもに相手を攻撃できます。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 今のボカロの歌や、そこらへんの歌では簡単に死にたいだとか、誰かへの恨みを勝手に電波にのせている。 zutto hitori de warae yo. そんなものは例え明日自分がこの世界からいなくなったら、もう必要のない無駄なものばかりです。 命を軽視している、 私たちは命の重みを分かっていない。

Next

amazarashi 命にふさわしい 歌詞

そんなSFを 妄想 もうそうしてる 自分 じぶんが 死 しんでもどうでもよくて それでも 周 まわりに 生 いきて 欲 ほしくて 矛盾 むじゅんを 抱 かかえて 生 いきてくなんて 怒 おこられてしまう。 君が生きていたならそれでいい。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 朝も夜も春も秋も 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 そうだ。

Next

命に嫌われている。

さよならばかりが好(す)きすぎて 本当(ほんとう)の別(わか)れなど知(し)らない僕(ぼく)らは命(いのち)に嫌(きら)われている。 滑稽な世界だけど、金さえあれば大半のことは上手くいくし、やり直すことができる。 「命」事態に感情はないように思えますが、タイトルでは「命」に感情があるかのように、何か、誰かが『命に嫌われている』とつけられています。 そんなSFを妄想してる 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。

Next

【カンザキイオリ/命に嫌われている】の歌詞の意味を徹底解釈

画面 がめんの 先 さきでは 誰 だれかが 死 しんで それを 嘆 なげいて 誰 だれかが 歌 うたって それに 感化 かんかされた 少年 しょうねんが ナイフを 持 もって 走 はしった。 軽々 かるがるしく 死 しにたいだとか 軽々 かるがるしく 命 いのちを 見 みてる 僕 ぼくらは 命 いのちに 嫌 きらわれている。 君だって僕だっていつかは枯れ葉のように朽ちてく。 すべて無駄になるかもしれない。 君だって僕だっていつかは枯れ葉にように朽ちてく。 僕らは命に嫌われている。 さよならばかりが好きすぎて本当の別れなど知らない僕らは命に嫌われている。

Next

命に嫌われている 歌詞『majiko』

実際自分は死んでもよくて周りが死んだら悲しくて 「それが嫌だから」っていうエゴなんです。 どんな感情や出会いや別れも、すべてはお金で買えてしまう。 自分が死んでもどうでもよくて それでも周りに生きてほしくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。 不死身の身体を手に入れて、一生死なずに生きていく。 と言っているのです。 他人(たにん)が生(い)きてもどうでもよくて 誰(だれ)かを嫌(きら)うこともファッションで それでも「平和(へいわ)に生(い)きよう」 なんて素敵(すてき)なことでしょう。

Next

命に嫌われている。 (Inochi ni Kirawarete iru.)

映画やドラマ、作り物の世界に影響された少年は、間違いを犯してしまう。 「死ぬな、生きろ」と簡単に言うけれど、他人が生きていようが死のうが自分には関係のないこと。 sou da hon tou wa sou i u ko to ga u tai tai 啊是這樣啊。 そんな sonnaSF を wo 妄想 mousou してる shiteru 自分 jibun が ga 死 shi んでもどうでもよくて ndemodoudemoyokute それでも soredemo 周 mawa りに rini 生 i きて kite 欲 ho しくて shikute 矛盾 mujun を wo 抱 kaka えて ete 生 i きてくなんて kitekunante 怒 oko られてしまう rareteshimau。 君 きみだって 僕 ぼくだっていつかは 枯 かれ 葉 はのように 朽 くちてく。 すべて、 無駄 むだになるかもしれない。 そんなSFを妄想してる son na sf wo mou sou shi te ru 妄想著那般科幻的劇情 自分が死んでもどうでもよくて ji bun ga shin de mo dou de mo yo ku te 自己就算死了也無所謂 それでも周りに生きて欲しくて so re de mo ma wa ri ni i ki te ho shi ku te 卻希望身邊的人們能活下去 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。

Next

命に嫌われている/カンザキイオリの歌詞

でも、君も僕もいつかは死んでしまいます。 そんなSFを妄想してる 自分が死んでもとうでもよくて それでも周りに生きて欲しくて 矛盾を抱えて生きてくなんて怒られてしまう。 それでも僕らは必死に生きて 命を必死に抱えて生きて 殺してあがいて笑って抱えて 生きて、生きて、生きて、生きて、生きろ。 変わらず誰かがどこかで死ぬ。 年老 としおいていつか 枯 かれ 葉 はのように 誰 だれにも 知 しられず 朽 くちていく。 すべて、無駄になるかもしれない。

Next