六 十 にし て 耳順 う。 論語:為政第二:4 子曰吾十有五章(現代語訳・書き下し文・原文)

論語:為政第二:4 子曰吾十有五章(現代語訳・書き下し文・原文)

于 … 前置詞。 人間 二十歳 三十歳はともかく 四十歳になると 分別を持たねばならないのに 四十歳になっても 人に怨まれているようでは もう前途の見込みは無いという意味。 心が欲するそのこと。 五 ( ご ) 十 ( じゅう )にして 天命 ( てんめい )を 知 ( し )る。 「所」は「~(する)ところ」と読み、「~するもの」「~であること」などと訳す。

Next

論語:為政第二:4 子曰吾十有五章(現代語訳・書き下し文・原文)

70歳 になると 自分が行うすべての行動は 道徳の規範 きはん から 外れることはなくなった。 三十 ( さんじゅう )にして 立 ( た )つ。 50歳 で 天 の 使命 を 自得 じとく (知り得る) ようになりました。 又 孔子は 「 子曰く 年四十にして悪 にく まるるときは それ終らんのみ 」と 言っています。 仲尼の尼 じ は 祈願した山の名 尼山 じさん にちなんで付けられた。 子 ( し ) 曰 ( いわ )く、 吾 ( われ ) 十 ( じゅう ) 有 ( ゆう ) 五 ( ご )にして 学 ( がく )に 志 ( こころざ )す。 十有五而 … 「有」は「 又 ( ゆう )」と発音・意味ともに同じ。

Next

孔子 論語 志学 而立 不惑 知命 天命 耳順 従心

父母は 日々 尼山 じさん という山の神に 立派な子が授かるようにと 祈りを捧げていました。 60歳 では 耳 にどんな話が聞こえても動揺したり 腹が立つことは なくなりました。 意味 : 孔子は言う … 私は 15歳 で 学問 に志した。 司空という職は 地域の土地と人民の政治を司る立場です。 。 矩 … 一定の規準。

Next

論語:為政第二:4 子曰吾十有五章(現代語訳・書き下し文・原文)

成人して 魯の国の役人になり 委吏 いり (倉庫の会計係り )の職につきました。 「場所」の意味ではない。 40歳 で 心に 惑い がなくなった。 心所欲 … 心が欲するそのもの。 生まれてすぐ 父と母が他界してしまったので 幼 少年時代は 赤貧洗うがごとしの 貧乏生活であった。

Next

孔子 論語 志学 而立 不惑 知命 天命 耳順 従心

やがて 願いが叶い 後世に名を残す賢人 ・ 孔子 が生まれました。 孔子は 若き日を振り返り 論語の中で ( 瑣末 さまつ なこと こまごましていて 大切とは思えないこと) 「 われ 若きとき賤 いや し故 ゆえ に 鄙事 ひじ に多能 たのう なり 」と 述べています。 意味: 自分は若い時 身分が低く 貧乏だったので 日常の 瑣末 さまつ なことに 通じている。 読まないが「にして」と送り仮名を補う。 不惑 … 自分の学問に自信ができ、疑惑をいだかなくなる。 四 ( し ) 十 ( じゅう )にして 惑 ( まど )わず。

Next

孔子 論語 志学 而立 不惑 知命 天命 耳順 従心

やがて 真面目に勤める誠実な仕事ぶりが評価された孔子は 司職 ししょく に昇進します。 学 … 学問。 この孔子の言葉から、十五を「 志学 ( しがく )」、三十を「 而立 ( じりつ )」、四十を「 不惑 ( ふわく )」、五十を「 知命 ( ちめい )」、六十を「 耳順 ( じじゅん )」、七十を「 従心 ( じゅうしん )」というようになった。 「十と五歳」「十とまた五歳」の意。 「而」は置き字。

Next

論語:為政第二:4 子曰吾十有五章(現代語訳・書き下し文・原文)

立 … 学問の基礎が確立する。 ここが孔子の出世の入り口でした。 30歳 で 自信がつき 自立 できるようになった。 天命 … 天から与えられた運命。 この節は 論語の中でも 最も有名です 「」 15歳を 志学 しがく 30歳を 而立 じりつ 40歳を 不惑 ふわく 50歳を 知命 ちめい 60歳を 耳順 じじゅん 70歳を 従心 じゅうしん と呼ぶ。 次には 非凡な才能が認められて 司空 しくう という地方の行政官 ぎょうせいかん に任命されました。

Next