空母いぶき ネタバレ。 【空母いぶき】最終回103話(12月25日号)ネタバレと感想

映画『空母いぶき』ネタバレ感想・解説・考察!有事の自衛隊、平和のための選択肢を描いた作品

秋津と新波は「 我々自衛隊に死傷者がでても、日本国民に死傷者を出してはならない」と議論しました。 その映像やコメントを制作した 本田翼の心を動かしたのは、名もないコンビニ店長の手書きメモだったのですから「一般国民のそれぞれの立場での戦い方」により平和が取り戻せたのです。 「我が国の主権を侵そうとする者に対して正面から立ち向かうためにはハードルを越えなければならない」と秋津は考えます。 普段はイケイケな性格。 公開時に映画館でもう一度と思っています。 曙光工程に際し、海洋監視船・海警3901と共に尖閣諸島へ派遣され、海兵を上陸させて周辺の島々を占拠した。 そんな中、「いぶき」艦内に警戒音が鳴り響きます。

Next

【漫画】「空母いぶき」が面白い!!あらすじ・感想・内容(ネタバレも少し)。映画も!

田中記者は「防衛大学の同期でトップの座を争ってきたのに戦闘機乗り出身の秋津が艦長となり海上自衛隊出身の新波が副長になったから納得できないだろうな」とつぶやきます。 週刊ヤングジャンプで連載中の『元ヤン』2018年36-37号8月9日発売の最新話、最終回のネタバレです!... しかし、それを撮影していた裕子らの前で予想もしない事態が起こりました。 予算や映像スキルの水準は、邦画としては上位に位置する作品だと思う。 元・空自のエースパイロットだった経歴を持つ艦長の秋津一佐(西島秀俊)、そして副長の新浪二佐(佐々木蔵之介)です。 2020年6月30日閲覧。 いったい首謀者はだれなのか? 今後このような戦闘を起こさないために何をどうするのか? 課題は山積である!! U-NEXT U-NEXTは動画配信サービスとして有名で、見放題作品も沢山あり、動画配信数は14万作品もあります。 。

Next

映画空母いぶきの原作ネタバレ感想!中国が敵で日本はどこまでやれるのか?

同乗するのは護衛艦群全ての指揮を執る司令:涌井継治(藤竜也)、補佐する副長は海上自衛隊生え抜きで、防衛大学校同期の秋津と艦長の座を争った事もある新波歳也二佐(佐々木蔵之介)でした。 秋津は異例の昇進で一佐に、ということは40歳手前かと思われます。 例えば『』を観て欲しい。 ただ、その際は「どこをどんな風に改変するか?」が大事だと思うんですよ。 こうして事実上の戦闘は終了した。 女子の皆さまには、イケメンさんが出てくる特撮作品だと思えば 笑 、予備知識なしでも楽しめる作品ですよ、とお勧めしたいですね。 一方、「いぶき」の前に駆逐艦2隻が姿を現します。

Next

映画『空母いぶき』ネタバレ感想・解説・考察!有事の自衛隊、平和のための選択肢を描いた作品

その後、のと、の艦船衝突を受け、威嚇目的での殲15を発進させる。 「広東」の空母機能が喪失したタイミングで、秋津から仕掛けられたガードチャンネルによるアプローチ通信を受信し応答。 やる気を見せていく過程もなかったし何かしっくりこない。 担架に載せられていた敵軍兵士が、傍にいた隊員の拳銃を奪ったのを取り押さえようとした柿沼一尉が被弾、せっかく死線を超えて生き延びた彼は仲間を守って殉職してしまったのです。 書誌情報 [ ]• 浦田鉄人 -• 垂水総理は、「おれたちがかじ取りを間違えちゃ絶対にダメだ」と事態収束への決意を語りました。

Next

「ここまで酷いとは・・」空母いぶき ゆっきーさんの映画レビュー(ネタバレ)

驚きながらもその様子をカメラで撮影し、衛星電話を使って配信しました。 多良間島沖では、第2護衛隊群による上陸作戦開始に当たり、上陸作戦への脅威を排除するため、駆逐艦「哈爾浜」「洛陽」をによるピンポイント砲撃で無力化した 後、F-35JBと共同で多良間島に配備された飛龍2 フェイロンFL2 地対艦ミサイルを破壊した。 護衛艦「あしたか」に撃墜せよと命じするが任務を完了すると「いぶき」の搭乗員は俯いてしまい秋津は「この事を忘れるな」と言います。 スマホやパソコンなどのインフラは、今とさほど変わりませんでしたが。 さらに、有事が報道されると大勢の人が一斉にコンビニに押し寄せ、商品を買い漁って店の棚が空っぽになる…という描写を入れることで、「現実に戦争が起こればこうなるかもよ」と示唆しているわけです(原作にも同様のシーンがある)。

Next

「ここまで酷いとは・・」空母いぶき ゆっきーさんの映画レビュー(ネタバレ)

柿沼を捜索した際、一緒に救助されていた東亜連邦のパイロットでした。 山本修造 護衛艦「あしたか」砲雷長 -• 「GRATE GAME」では一佐に昇格、第92航空団司令兼飛行隊長を務める。 最優先すべきは拘束された島民の救出だが、その特戦群に横須賀からの指示が到着した。 その映像によって国内中は騒然となります。 戦闘メインではないけど、 現場の自衛隊、内閣、一般国民が一丸となって平和を守りぬく物語としてオススメです! 他の映画はも参考にしてください。

Next