無一郎ss。 鬼滅の刃 第118話「無一郎の無」感想・考察

淡い恋心

「神様仏様どうか弟だけは助けてください。 常にぼんやりと物事を見ているようである。 悲劇はいけません悲劇は。 どれだけお金が無くてどれだけ満足に食べられていなかったのか分かりませんし子供のためを思っての行動だったのだとは思います。 しかし、炭治郎と関わる中で、上弦とのギリギリの戦いの中で、 徐々にその記憶を取り戻していく。 自身の家系を 「始まりの呼吸の子孫」であると伝え鬼殺隊に誘うあまねだが、有一郎が「なにか企んでるに決まってる」と追い返してしまう。

Next

【鬼滅の刃】ご 都 合 血 鬼 術 【短編集】

痺れていてもこの程度は問題なさそう。 羽織 で、草履・下駄 で、足袋 な所 時透無一郎情報• 美しすぎて怖いぐらいだということにしておきますが……。 って感じの無一郎くん無双でしょうか。 んちゃ! ではでは本編の感想考察いきたいと思います。 玉壺と戦っている時に思い出したあの夜です。 によれば、 刀を握って二ヶ月で柱まで昇格した天才剣士。

Next

時透無一郎 の属性、似てるキャラ、みんなの書き込み(10件)&画像

無一郎くんは双子だった!! しかもお兄ちゃんの名前は有一郎くん! 二人の表情を見るだけで何となく性格の違いが分かるような気がします。 有一郎と無一郎は次第にすれ違い、まったく口を聞かなくなってしまう。 言うことは割と間違いなさそうな有一郎くんが「結局はあの女に利用されるだけだ! 何か企んでるに決まってる!」と言っていたので、そっちのルートも有り得そうな気がしてきました。 「概要」を投稿することで解消できます。 双子物の定番として、実は弟だと思ってたのが兄だった!みたいな展開がありますが、時透兄弟に関してはそんな要素なさそうですね。 刀を握って2ヶ月で柱になった天才。

Next

夜の徘徊者

出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 あっさりと両親の最期が語られましたがどちらも辛いですねこれ……。 しかしながら使うのは 『霞の呼吸』だが、 戦闘センスは受け継いだものも大きいようである。 服装 トップス• 黒死牟に致命傷を与える事に成功する。 無一郎の人物像• コメントが少ないときには、本文中ではなく最上部に掲載されることがあります。 本来なら即死でもおかしくなかったが、勝利への執念を燃やす無一郎は意地でも刀から手を離さず、死に瀕した際に発揮される万力によって 赫灼の刃を発現。 筆者も登場当初はイラッとさせられることが多かったが(マンガに振り回されがちな人生)、 今では可愛いわ〜ヨシヨシ!という気持ちで見守っている(単純)。

Next

淡い恋心

しかし無情にも兄は生き絶え、無一郎も兄の手を握ったまま動くことさえ出来なくなった。 また、記憶を取り戻した後は瞳にハイライトが描かれるようになっている。 この擬音から、無一郎と伊之助のコンビをと呼ぶファンが増えた。 無一郎の目に涙が溢れた。 ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 無一郎が連れている鎹鴉(かすがいガラス・まつ毛の長いメス・ 嫌味)が言うには、 『日の呼吸の使い手の子孫』らしいのだ。 気付いたのがあの状況なのが悲しい。 でも今回は有一郎くんに同意してしまいます……。

Next

【鬼滅の刃】

限界を超え倒れた無一郎の目には、父と母、そして兄の姿が見えた。 ) 今までは見捨てていた子どもを助けに戻るよう指示したり。 出典:吾峠呼世晴『鬼滅の刃』第118話 「気づくと鬼は死にかけていた」 うっエグい……。 竈門家と同じように剣士とは関係無い職ですね。 炭十郎さんも身体が弱かったし、お母さんは日の呼吸を使っていたから身体が弱かったというのは有り得るかもしれませんね。 また、黒死牟()とその弟・(竈門家に神楽と耳飾りの継承を約束させた)は時透兄弟と同じ 双子の兄弟であったことが明らかとなった。

Next

鬼滅の刃 第118話「無一郎の無」感想・考察

【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww• ネタバレB 最終回では有一郎と共に再び双子に転生したらしく、ベビーカーの中で眠る2人の赤子の姿が確認できる。 無一郎は鬼殺隊に入隊する前は杣人(そまびと・きこり)の父を手伝い生活していた。 兄の本当の想いを知り涙した無一郎。 怒りで潜在能力が解放された無一郎くんは鬼を地面に貼り付け岩で頭を潰していました。 毒舌家。 しかしながら柱最年少にして『上弦の伍』をたった1人で倒してしまう戦闘力。

Next

淡い恋心

無駄・回り道もしない。 全ての過去を思い出した無一郎。 本人の気性からか無駄を嫌い、鍛錬にしても剣筋にしても効率よく最適な動作で無駄のない行動を好む。 記憶の遺伝について語る炭治郎を「非現実的ィ」と真っ向から否定したが、 正直言葉を話す烏の方がよっぽど非現実的である。 真の日の呼吸の力で玉壺が得体の知れないダメージを負う。 「兄は言葉のきつい人だった」 「記憶のない時の僕は何だか兄に似ていた気がする」 読んでいても感じましたが、やっぱりそうみたいですね。 「一人を守って時間を浪費するよりも、数十人の命を守る方が先」・「責任の重い柱とそれ以外の人間との時間の重さは平等ではない」と言った冷静で合理的な思考をする反面、物言いに遠慮や気遣いが無く、人との接し方に難がある。

Next